2021年最新番エルメスの製造年代の刻印一覧表と素材刻印の意味

時計のアイコン 更新日2021年09月04日
2021年最新番エルメスの製造年代の刻印一覧表と素材刻印の意味

刻印と製造年の一覧表

1964年 1965年 1966年 1967年 1968年 1969年
製造年1964年のT刻印 製造年1965年のU刻印 製造年1966年のV刻印 製造年1967年のW刻印 製造年1968年のX刻印 製造年1969年のY刻印
1970年 1971年 1972年 1973年 1974年 1975年
製造年1970年のZ刻印 製造年1971年の〇A刻印 製造年1972年の〇B刻印 製造年1973年の〇C刻印 製造年1974年の〇D刻印 製造年1975年の〇E刻印
1976年 1977年 1978年 1979年 1980年 1981年
製造年1976年の〇F刻印 製造年1977年の〇Z刻印 製造年1978年の〇H刻印 製造年1979年の〇I刻印 製造年1980年の〇J刻印 製造年1981年の〇K刻印
1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年
製造年1982年の〇L刻印 製造年1983年の〇M刻印 製造年1984年の〇N刻印 製造年1985年の〇O刻印 製造年1986年の〇P刻印 製造年1987年の〇Q刻印
1988年 1989年 1990年 1991年 1992年 1993年
製造年1988年の〇R刻印 製造年1989年の〇S刻印 製造年1990年の〇T刻印 製造年1991年の〇U刻印 製造年1992年の〇V刻印 製造年1993年の〇W刻印
1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年
製造年1994年の〇X刻印 製造年1995年の〇Y刻印 製造年1996年の〇Z刻印 製造年1997年の□A刻印 製造年1998年の□B刻印 製造年1999年の□C刻印
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
製造年2000年の□D刻印 製造年2001年の□E刻印 製造年2002年の□F刻印 製造年2003年の□G刻印 製造年2004年の□H刻印 製造年2005年の□I刻印
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
製造年2006年の□J刻印 製造年2007年の□K刻印 製造年2008年の□L刻印 製造年2009年の□M刻印 製造年2010年の□N刻印 製造年2011年の□O刻印
2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
製造年2012年の□P刻印 製造年2013年の□Q刻印 製造年2014年の□R刻印 製造年2015年のT刻印 製造年2016年のX刻印 製造年2017年のA刻印
2018年 2019年 2020年 2021年
製造年2018年のC刻印 製造年2019年のD刻印 製造年2020年のY刻印 製造年2021年のZ刻印

 

注意点

一部のモデルでは正規品でも刻印が無かったり、
前述のとおり手打ちなので、職人の加減次第で刻印が薄いことなどもあります!

そのため全ての商品に刻印が必ずあるわけでも、どの商品でも刻印がハッキリと見えるわけでもありません。
明らかにおかしい刻印でない限り、この刻印のみで正規品かどうかを見極めるのは難しい
という事だけ留意しておいてくださいね♪

2015年以降、Sはソルド品の刻印との混同をさけるために使われなくなったようです。
それまでのアルファベット順ではなくなり四角のマークも消えているので、
驚く方もいるかもしれませんが、仕様なので安心していただいて大丈夫ですよ♪

他にも追加の刻印が入ったり、刻印の場所が変更されたりと法則にも少し変化があるようですね。

 

製造刻印の形状

刻印の形や押され方にはいろいろ種類があるので一部参考までにご紹介しますね☆

まず基本的な刻印の見方は、このような刻印の場合

刻印例

①のFLが 職人やアトリエを表すもので

②の四角Rが 製造年を表すものとなります☆

①と②の並び順や配置は商品によってはバラバラですが、

それぞれの刻印そのものは近い位置に押されています!

 

さらに製造刻印は、1年ごとにアルファベットが変わり、

年によって四角や丸などの記号が足されています。

 

1970年まではアルファベット順で他の記号はなし

1971年からは丸の中にアルファベット

1997年からは四角の中にアルファベット

2015年からはまたアルファベットのみ
となっています。

なので同じ製造刻印でも色々な種類があるんです。

たとえばこんな風に・・・

製造年19年の刻印例

例1~3の全て ①が職人やアトリエを表す刻印 ②が製造刻印 です。

 

ですが例1と例2の②のように同じアルファベットでも

四角で囲んでいるか、丸で囲んでいるかによって年代が変わります

た例3のようにアルファベットしかない場合も

 

職人やアトリエを表す刻印も、例のようにアルファベットのみや

数字が混ざっているもの、+などの記号が入っているものもあります

 

前述の通り、刻印の順番なども製品によってはバラバラなので、

詳しくない方は見分けが少し難しいかもしれません;;

 

刻印の意味

エルメスのバッグは最初から最後まで一人の職人が製造しているこだわりの商品です。
そのため、ひとつひとつのバッグに製造された時期のわかる「製造刻印」が刻印されています!

製造刻印は

・製造年

・製造したアトリエ

・製造した職人

を表すアルファベットや記号が記されているものです。

製造年を表す刻印は1年ごとに変更されています!

 

刻印の場所

製品によって刻印されている場所もまちまちですが、
ベルト裏や内側の縫い目付近など少し見付けづらい場所にある事が多いです。

分かりやすいものだとブランド名の刻印されたタグの裏側に刻印されていることもあります。

 

また代表的なモデルの場合

バーキンは 正面のベルト裏側の穴付近 または 正面から見て左の内側のベルト付近

ボリードは ファスナー端のタブの裏側

ベアンは ファスナーを開けて内側のマチ部分

といったように決まった位置に刻印されていますよ☆

(※場所が変更されることもあるので、同じモデルでも刻印の場所が違う商品もあります)

 

自分のバッグがいつ製造されたものなのか刻印を探して確認してみましょう♪

 

素材刻印の一覧

素材刻印や特別な刻印を一覧にしてみました☆

お手元の製品に刻印がないか、是非見てみてくださいね♪

ニロティカス ポロサス
ニロティカス ポロサス
小さな丸が二つならんだ刻印があります。丸みがあり、長方形の鱗が特徴の革。ポロサス同様、高級品とされているクロコダイルです。 三角のような山形の刻印が押されています。細かく綺麗に整列した鱗が特徴で、ワニ革の中でも最高級と言われるクロコダイルです。
アリゲーター リザード
アリゲーター リザード
四角形の刻印がロゴ付近にあります。唯一、穿孔と呼ばれる点状の模様がないワニ革で、班目が大きいのが特徴です。 横長の長方形のマークか=マークが入っています。繊細で美しくならんだ鱗と光沢が特徴の素材です。
スターマーク スペシャルオーダー
スターマーク スペシャルオーダー
エルメス関係者のために作られた製品や一級の職人が制作した証に刻印されている等と言われています。 一部の人のみがオーダー可能のフルカスタマイズの製品に刻印されます。馬蹄の形をした刻印です。
ソルド品
ソルド品
セールイベントの商品に刻印されるSのマークです。刻印のみでなくペンなどで書かれていることもあります。

 

上記の一覧はイメージ画像なので、実際の刻印とは多少差異があります。
マークの形や種類の確認など参考程度にご利用ください!

 

素材刻印

エルメスの製品は革素材として牛革・山羊・クロコダイルを使ったものがあります。

牛革や山羊は見た目や手触りで違いが比較的分かりやすいですが、

中にはパッと見では見分けのつかない素材もあるため、

判別がつくように分かりやすい記号を刻印しています☆

 

それがブランドロゴの刻印の近くに刻まれている素材刻印です

(※稀に無いことも…!)

 

また、それとは別にオーダー品などの特別な商品には、そのことを示す刻印があります♪

 

これらの刻印もエルメスのブランドロゴの近くに押されているんですよ☆
ロゴの近くとひとくちに言っても、ロゴに対して左側にあったり右側にあったり、
はたまた下側にあったりすることもあります。
職人によって押す位置にばらつきがあるので、

素材刻印も特別な刻印も明確にここ!という決まった位置は無いようですね!

 

スターマークについて

ご紹介したスターマーク。
これはエルメスのスタッフや関係者向けに作られているものがほとんどなので
正規店で手に入る事はまず無く、所持している人もごく少数です。

見かけることが少ないためプレミア感があり、あえて手にしたいと思う方もいる商品だと思います。
ですが、このスターマークの商品、正規店に修理を依頼すると本国での修理になり、
手元に戻ってくるまでかなり時間がかかってしまうこともあるようです。
もしもスターマークの入った商品を手に入れる機会があった時は、
修理の事などもしっかり調べてから決めた方が良いかもしれませんね♪

 

スペシャルオーダーについて

スペシャルオーダーは革の種類から金具の位置まで自分好みに注文し、
この世に一つだけのバッグを作ることができるサービスです☆

 

しかしだれでも注文できるわけではなく、継続的に商品を購入している上顧客や
ショップとの信頼関係のある人にしか作ることのできない特別なものなんです!
もちろんそういった人の数は限られているため、
流通している数もかなり少ないレアな刻印ですね!

 

ソルド品について

ソルド品の刻印はエルメスが定期的に開催している「エルメス・ソルド」という
セール(ソルド)イベントで販売される商品に刻印されています!
見た目や品質は正規品とほぼ変わりないのですが、
一部に不具合があったり売れ残ってしまったいわゆるアウトレットの商品です。

イベントは海外のみでなく日本でも開催されているのですが、入場するには招待券が必要です!
高価なエルメスの商品を安く手に入れる貴重なチャンスですが、
スペシャルオーダーと同様に、一部の顧客にしか招待券は配られず
なんと招待券を持っている人と同伴者の最大2人しか参加することができないらしいですよ!
セール品とは言えどあまりお目にかかれない商品です(笑)

また、ソルド品の印は刻印のみでなく、ペンでSマークが記入されていたり
時計などの商品は先のとがったもので削ったようなSマークが入っていることも!
一概にこう!とは言えないマークですが、
何らかの形でSマークが入っているとソルド品の可能性が高いようです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

見たことのある素材刻印や製造刻印はありましたか?
小さな刻印に様々な意味が込められていて、調べてみるとなかなか面白いですよね!

エルメスのバッグの素材がくわしくわからない時や、いつ作られたものなのか知りたい時は
是非このページを参考にご自分のバッグの刻印を調べてみてくださいね!

 

この記事を書いた人

久保社長

ブランドハンズの社長
ブランド買取業界歴10年

電話アイコン お電話での
無料相談はこちら
無料相談はこちら

電話アイコン 0120-563-555

[受付時間] 10:00〜19:00

無料相談の画像
メールアイコン ラインアイコン 電話アイコン