HERMES(エルメス)の歴史|創業者や発祥地などを年表形式で紹介!

時計のアイコン 2020年11月18日(公開:2020年11月11日)
HERMES(エルメス)の歴史|創業者や発祥地などを年表形式で紹介!

HERMES(エルメス)の歴史①(創業者や発祥地)

創業年1837年
創業者ティエリ・エルメス
発祥地フランス・パリ

エルメスの創業者ティエリ・エルメスは、元々は馬のサドルやハーネスを作る職人でした。1837年パリのランパール通りに、馬のサドルやハーネスをデザインし販売する店をオープンしたことが、エルメスというブランドの始まりとされています。

代表作はケリーやバーキンなどのバッグで、オータクロアというエルメス最初のバッグが元とされています。

HERMES(エルメス)の歴史②(年表や沿革)

年号出来事
1837年エルメスの起源となる高級馬具の製造アトリエをオープン
1880年現在本店があるパリに移転させる
1892年のちのバーキンとなる「オータクロア」誕生
1923年ボリードの原型「ブガッティ」を発表する
1935年ケリーの名称となった「サック・ア・クロア」を発売
1937年スカーフの自社製造を始める
1938年不朽の名作「シェーヌダンクル」誕生
1961年香水部門が独立するきっかけとなった香水「カレーシュ」を発表する
1976年カデナを目印とした時計「ケリー」を開発
2005年バーキンやケリーからインスパイアされたモデル「ケリー2」を発表

1837年:エルメスの起源となる高級馬具の製造アトリエをオープン

1837年、当時は自動車や鉄道などがなく馬が交通のために利用されていた時代で、今の高級自動車などと同じように、馬車の装飾や馬の数などによって自分の価値を高めていました。そのため、馬の装飾や見た目というのはとても重要視されていました。

そんな世の中の流れを見て、初代ティエリ・エルメスは1837年に高級馬具の製造をする店をオープンし、おしゃれで機能性のある馬具を製造し販売するようになりました。

1880年:現在本店があるパリに移転させる

2代目シャルル・エミール・エルメスは、パリ万博で出品したサドルが金賞を受賞し、エルメスの名はヨーロッパ中に広まりました。

そして1880年に現在本店を構えるパリに移転し、製造から小売りまでを行うようになっていきました。

1892年:のちのバーキンとなる「オータクロア」誕生

この時代フランスでは、自動車が出始めて馬具の必要性がなくなっていました。そのため、馬具の需要のある国外に馬具を輸出する一方で、エルメスはフランス国内で持ち前の品質の高さを生かし、ファッションとしての革製品を販売するようになりました。

その中でエルメスは、1892年に最初のバッグとなるオータクロアを販売しました。このオータクロアは、現在のエルメスの高級バッグの原型となっています。

1923年:ボリードの原型「ブガッティ」を発表する

エルメスは1923年に、現在のボリードの元となるブガッディというバッグを発表しました。この名前は、フランスの高級自動車メーカーに由来しています。

ブガッディは、世界で一番最初にできたファスナー付きのバッグと言われており、シンプルさゆえの美しさでさまざまな人からの人気を得たバッグでした。現在でもその人気は衰えてはおらず、多くの女性に人気があるバッグの一つとなっています。

1935年:ケリーの名称となった「サック・ア・クロア」を発売

1935年には、エルメス最初のバッグであるオータクロアを小さくしたサック・ア・クロアと呼ばれるバッグを発表しました。このバッグは、現在のケリーのモデルになったバッグとも言われています。

1937年:スカーフの自社製造を始める

エルメスは1937年に、スカーフの自社製造をスタートさせました。最初のスカーフの柄は、オムニバスゲームと白い貴婦人で、4代目のロベール・デュマ・エルメスによって生み出されました。

1938年:不朽の名作「シェーヌダンクル」誕生

エルメスは1938年に、シェーヌダンクルと呼ばれる初のブレスレットを発表しました。船と海底をつなぐチェーンをもとにできたブレスレットで、特徴的なT型の留め具とコマは、固い絆の象徴として知られています。

また、シンプルなデザインに加えて高級感と重厚感があるので、今でも根強い人気がある製品の一つです。

1961年:香水部門が独立するきっかけとなった香水「カレーシュ」を発表する

エルメスのイメージの一つである香水が生まれたのは1961年です。この時代にカレーシュと呼ばれる香水を発表しました。

女性向けの馬車から名前を付けられたこの香水は、エルメスの香水部門を設立させるきっかけとなりました。

1976年:カデナを目印とした時計「ケリー」を開発

エルメスは1976年に、今でも人気がある時計シリーズのケリーと呼ばれる時計を発表しました。このケリーには、南京錠のような見た目をした「カデナ」と呼ばれるアクセサリーがついています。

2005年:バーキンやケリーからインスパイアされたモデル「ケリー2」を発表

2005年にケリーシリーズの2作品目として発表されたのが、ケリー2と呼ばれる時計です。バーキンやケリーのような高級感あふれる独特のデザインや、ベルトの滑らかで美しいデザインが反響を呼びました。

さらにケリー2は、ケリーの特徴的デザインであるカデナをつけないデザインでしたが、これが逆にシンプルかつ美しいとして、以前のケリーシリーズとは違った魅力を放ち人気が出ました。

この記事を書いた人

簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミ…

電話アイコン お電話での
無料相談はこちら
無料相談はこちら

電話アイコン 0120-563-555

[受付時間] 10:00〜19:00 
携帯・スマホからも通話料無料

無料相談の画像
メールアイコン ラインアイコン 電話アイコン