CELINE(セリーヌ)の歴代・現在の有名デザイナー一覧

時計のアイコン 更新日2020年11月29日
CELINE(セリーヌ)の歴代・現在の有名デザイナー一覧

CELINE(セリーヌ)の歴代・現在のデザイナー

就任年 ウィメンズ メンズ
1945~1996年 セリーヌ・ヴィピアナ
1997~2003年 マイケル・コース
2004~2005年 ロベルト・メニケッティ
2006~2008年 イヴァナ・オマジック
2009~2018年 フィービー・フィロ
2019年~現在 エディ・スリマン エディ・スリマン

インカやサルキーなど名作を生み出した「セリーヌ・ヴィピアナ」

セリーヌをブランドとして成立させた最初のデザイナーが、セリーヌ・ヴィピアナです。

セリーヌ・ヴィピアナは、創業から婦人用モカシンのインカやサルキーなど名作を生みました。さらに1960年代には、フランス上級階級からも愛されるようになったことで、BCBGの代名詞的ブランドになるほどの成功を収めました。

セリーヌ・ヴィピアナのデザインの特徴としては、高級感だけでなく実用面も重視していることがあげられます。そのため、階級の低い方から高い方まで幅広く人気を集めました。

ブギーバッグやパリ・マガダムを誕生させた「マイケル・コース」

1990年代にはBCBGが衰退したことによって、セリーヌブランドの人気も低迷していました。その低迷期に新デザイナーとして就任したのがマイケル・コースです。

マイケル・コースは、ブギーバッグなどデザイン性だけでなく機能性にも優れたバッグを生み出すことに成功し、セリーヌの人気を回復させました。

商品のターゲットをアメリカのキャリア層に絞ったことで、経営面でも成功してセリーヌブランドは成長を続けることになりました。

JIL SANDERで経験を積んだ「ロベルト・メニケッティ」

ロベルト・メニケッティは2005年、JIL SANDERで5年間経験を積んだ後に、セリーヌでアーティスティックディレクターを1年間担当しました。

ロベルト・メニケッティのデザインの特徴としては、シルエットが美しくまとまっていることと、着心地がとても良いことがあげられます。

ミュウミュウのコーディネーターも務めた「イヴァナ・オマジック」

PRADAやミュウミュウなどで経験を積んだイヴァナ・オマジックは、2006年からセリーヌのアーティスティックディレクターとして参加しました。しかしイヴァナ・オマジックがセリーヌで活動していたのは短期間で、2008年には辞任しています。

ラゲージをはじめ数々の人気作を発表した「フィービー・フィロ」

2008年からセリーヌのデザイナーとなって、ブランドを大きく成長させたのがフィービー・フィロです。フィービー・フィロは、ラゲージやトラペーズなど多くの人気作を生み出し、セリーヌの人気をさらに加速させることに成功しました。

これまでのセリーヌのデザインから良いところを継承したうえで、高級感を加えることでセレブ層からも高い人気を集めることができました。このフィービー・フィロのデザインは大人気でしたが、2019年に辞任しています。

メンズラインを創設した「エディ・スリマン」

2019年にセリーヌのデザイナーに就任したエディ・スリマンは、レディースのイメージが強かったセリーヌに初のメンズラインを誕生させました。

これまでになかったメンズアイテムを発表したことで、ブランドに革命を起こしました。そのほかにもエディ・スリマンは、ブランドのロゴを一新したり、ロックテイストを取り入れた新しいデザインを発表したりと革新を行っています。

この記事を書いた人

簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミー簡単なプロフィール(2~3行)ダミ…

電話アイコン お電話での
無料相談はこちら
無料相談はこちら

電話アイコン 0120-563-555

[受付時間] 10:00〜19:00

無料相談の画像
メールアイコン ラインアイコン 電話アイコン